読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジアでDICE<骰子>

アジアに深く浸りたい・・・選んだ道はカジノ。マカオでダイスを転がせ!

【2017年】プノンペン物価表 何ドル$あれば楽しめるか

プノンペンで過ごす予算2017(カジノ無し) この予算というのを提起するのは実は難しい。 それは旅行スタイルに起因し<ピンからキリまで>千差万別だからである。 ◯ バックパッカーなのであらゆるものはチープでいい ◯ ホテルは3星以上でなければ無理だ ◯ …

プノンペン・リバーサイドの「食事」と「ビール」と「女」【カンボジア】

リバーサイドのナイトライフは 「金」がない!とは言いつつもしっかりナイトライフの金を確保してるところが、一筋縄ではいかないわたくし飛場である。 やはりカンボジアなぞは「いかにチープに遊ぶか?」また遊べる街であるはず。 ならば無茶な一勝負100ド…

昼間のプノンペンはこんなところ【セントラルマーケット編:カンボジア】

セントラルマーケットの昼時 ストリート136から行く 「ポイペト」じゃあ夕方からの一夜限りの一発勝負で次なる地へ急ぐことしか考えてなかったわたくし飛葉だが、 ここプノンペンでは3日間の時間がある。なのに資金がプアなのでもう「ナーガカジノ」に行く…

昼間のプノンペンはこんなところ【トゥクトゥク編:カンボジア】

トゥクトゥクから見るプノンペンの街は さるワイルドなところへわたくし飛葉は30分の道のりをトゥクトゥクをチャーターして参った。 昼間だからいいが夜なら絶対近づきたくもない場所だ。 ニヤついたスカーフェイスの男が居たりそこにいる連中は揃いも揃って…

カンボジアのワイルドなところ

ボーン・イン・ザ・プノンペン(Phnom Penh) 勝負はあっさりついた。これでいい。ポイペトじゃあ調子づいて朝の6時まで続いた勝負、けどこれでいいプノンペンは。 ここは国境の荒野たるポイペトとは違う。カンボジアのきゃぴたるだ。 文化もあれば文明もあ…

こうなりゃ「バカラ100ドル一発勝負」だ【プノンペンのカジノ】

ナーガホテルは敷居が高い まさかカンボジアでさもしい思いをするとは思っても見なかった。ミニマムが40ドルってちょっと高くないか。 特別な日なのか? わたくし飛葉はまだ旅の始まりなので熱くなるわけにはいかなかった。 そこで懐から出した「100ドル紙幣…

ナーガホテルのカジノはどんな所なんだ【プノンペンのカジノ】

プノンペンでの初勝負やいかに とうとうやって来たプノンペンはナーガホテル。かなり立派そうなホテルで正直カンボジアってのを見直したところだ。 ここにわたくし飛場はバカラをしにやって来た。だけってわけじゃないんだが・・ 事前情報は何もない。 いや…

こんどはプノンペン・ナーガホテルのカジノで勝負【カンボジア】

プノンペンのカジノは? 長らく放っておいた当ブログであるが、このたびわたくし飛場はカンボジアへ行くに当たり急ぎエントリーをしている始末だ。 そういう大ざっぱなところは大目に見ていただけたらと思う。 現在情報収集中であるがどうにも芳しくない。 …

ツキの無いときはスグにテーブルを替れ!『ゴールデン』再び!

トロピカーナはだめだ! 負けが込んだら一旦自室に戻り気分転換せよ。 負ける流れでは最低限しか賭けない。勝てると思ったら思い切って賭け金を増やす。 ポイペトの夜Ⅱ トロピカーナはだめだ、理由などないがダメだ。オレには合わない。 そこでスターベガス…

トロピカーナで「バカラ」覗いてゴールデンへと向かう

いつも勝とうと思ってはいけない。毎回勝つことは出来ない。それくらいはみんな知っている、 だが全員が負けるわけでもない。 まずはトロピカーナホテルから ポイペトⅡ 2016年 ② ads by google // 「トロピカーナ」のバカラいざ! さてポイペトカジノ第二ラ…

『トロピカーナホテル』でまずはカジノ飯へ-

ポイペトの夜Ⅱ 2016年 ① ポイペトの夜の始まり(2回目) 今回の入国は雨にたたられた わたし飛葉は早くも2度目のカジノ入りである。面白みが少しだが分かってきた。 特別に意識することはない。 バカラを打ってるタイ人や中国人なんかを見てると特に大上段…

ポイペトのカジノ飯はタイ、それともカンボジア料理か

ゴールデンクラウンホテルのカジノ飯(夜) 2016年 わたし飛葉はカジノで3度飯を食った。俗にいうカジノ飯である。 カジノでは飯がタダ、もしくは安い値段で食える。もちろんプレイするという前提でチップやホテル宿泊をするとプロモーションでクーポンが付…

カンボジア出国の朝に振り返るポイペトの夜

スターベガスに夜が明ける 6:00 2016年 わたし飛葉は「アパート帰って寝る」というタイ人ギャンブラーおばさんをスターベガス前で見送り、なんとか真っ直ぐ歩き自室へ向かう。 スターベガスから田舎方面を臨む こちらは左手がスターベガス。夜には灯りもなく…

明け方最後の「バカラ」に挑む-『ポイペト』

ポイペトの夜~朝 2016年 ⑥ 最終章 ゴールデンクラウンホテル再び さすがに疲労が出て来た。朝の4時頃だろうか。「もう十分遊んだんじゃないかぃ?」タイ人ギャンブラーおばさんもわたしのアテンドに疲労を覚えたようだ。 けど次いつポイペトに来れるか分か…

ローリングチップ5000バーツで100バーツCB

ポイペトの夜 2016年その⑤ ゴールデンクラウンカジノホテル 居た。入口がくねくねしてて分かりづらかったが何とか合流。黒服のNo2とかいう人と友人という私服の親爺におばさんと一緒に。 不思議な人だ。 今は金無いらしいが昔は羽振り良かったんだろう。 場…

どんなに小さなプラスでもマイナスよりかはいい

カジノで勝つとはいったい カジノの取り分があるということは客は長くやればやるほど負けが込むという意味でもある。勝ち逃げ・ヒットエンドラン、それだけがわれわれがカジノに勝てる作戦である。 ポイペトの夜 2016年 ④ 埒が明かない勝負の繰り返し 時刻は…

バカラ開始は300バーツから

ポイペトの夜 2016年 その③ 序章 マネーマネジメント わたくし飛葉は初カジノなりにマネーマネジメントを立ててみた。少しでも長く留まるためだ。そこでミニマム300バーツから始めてみる。 軍資金15,000バーツなので1/10の1,500がミニバンクになる。300バ…

カジノの軍資金についての考え方-『ポイペト』

カジノのマネーマネジメント バカラの夜 2016(Poipet)② まずは軍資金のことからだ。これは少し予習してきた。 (ポイペトではタイバーツをそのまま持ち込める) さるギャンブラーの言葉をここでは借りる。 『ギャンブルで損してもいい額を明確に決めその日…

ポイペトカジノ「バカラ」で遊ぶ夜-「スターベガス」へ

カンボジア入国まで 2016年、わたし飛葉は今回約束通りカンボジアのポイペトにて初のカジノ遊びを堪能してきた。まず予定通りに行けた事に安堵している。 身をもって体験したのであらためてここにどうどうとブログを書く次第である。 それと帰国日の3日に漫…

最初のカジノはポイペトだ-【カンボジア】

POIPET(ポイペト)でバカラ わたし飛葉が最初にカジノの地に入るのはカンボジアのポイペトになった。 マカオの予定でいろいろ調べてたんだが、次々回に勝負は持ち越された。 このポイペトはどうやらカジノだけの町のようだ。いや見てないのでその結論をだす…

タイのムエタイでオヤジ共が盛り上がるわけ-タイ

ムエタイの夜 タイ・バンコク 旧ルンピニースタジアム。ルンピニーから引っ越しても名前は変わらないようだ。 オレがタイはバンコクの伝統格闘技ムエタイの熱気に煽られたのは、もう10年以上前になるだろうか。 友人とプーケットにツアーで行き最後の一泊を…

ダイスをころがせ-Tumbling Dice

カジノへの道 オレにとってマカオカジノへの一歩は文字どうりこのエントリーから始まる。 日本にいて出来る事と言えば、人の書いた本やブログを読み知識をたくましくするくらいだ。 カードゲームはまだルールさえ憶えきれてない。ポーカーにしたって友人と遊…

このブログの紹介

こんにちは このブログを書く気になったのはわたしがマカオに行き勝負(遊び)をしてみたいと思ったのがそもそものきっかけ。カジノに行ってみたい。けど行ったことないし大丈夫かな?みたいな感じを現在もってる。 したがってカジノ経験はまだない。ギャン…