読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジアでDICE<骰子>

アジアに深く浸りたい・・・選んだ道はカジノ。マカオでダイスを転がせ!

ポイペトカジノ「バカラ」で遊ぶ夜-「スターベガス」へ

カンボジア入国まで

2016年、わたし飛葉は今回約束通りカンボジアのポイペトにて初のカジノ遊びを堪能してきた。まず予定通りに行けた事に安堵している。

身をもって体験したのであらためてここにどうどうとブログを書く次第である。 

f:id:Skyfall:20170301213712j:plain

それと帰国日の3日に漫画家の望月三起也氏の訃報を聞いた。氏の作品は今もって愛してやまない。ご冥福をお祈りします。

 

折しも五輪候補でバカラで捕まったバカがいるが東京でやるからである。ポイペトでプレイすれば誰も咎めたりはしない。

 

さて軽く入国まで触れておきたい。

ads by google

 

 

ルンピニからカジノバス乗車

これは予定通り「カジノバス」を利用。12時にバンコクを出発し午後4時過ぎにはバスを下車して国境へと歩いていた。タイ側の出国手続きを済ませ友好橋を渡りカンボジアへ。

 

f:id:Skyfall:20160408183515j:plain

砂塵舞う中をカンボジア人の親爺共がまつわり付いてくる。これも仕方のない光景だろうか。とにかく一切を無視し歩を進める。

 

ポイペトからARRIVAL(入国)

 

f:id:Skyfall:20160408190457j:plain

VISAはあるのでそのまま入国事務所へ向かう。2~3人並んでるだけでなんなくスタンプをもらい目指す「スターベガス」への手段を探す。そこへ専属のカートが来たのでホテルへ。

 

入国よりここまででかなりのカジノホテルを見てきた。タイや中国の正月にはカジノ好きどもが大挙するんであろうか。土日ですらホテルは一杯になると聞いた。

 

寂れてるよりは客が入るに越したことはない。人は人を呼ぶ。おれもその方がいい。

 

f:id:Skyfall:20160408184517j:plain

 建設中と思われるホテル

 

スターベガスホテル

ここでタイ人ギャンブラーおばさんと合流。じつはひょんなことからこのおばさんと知り合う事に。

おばさんかなりのカジノ通のようである。知人も多く彼女は「ゴールデンクラウン」を推薦してたんだが、満室のため「スターベガス」に再変更。

(その後素人のおれは大いに助けられることに)

 

ホテル宿泊代1000バーツでデポジットが1000バーツ。PPチップがレシート持参で400バーツ分付き。

 

いよいよ準備は整ったな・・

SPONSOR LINK

 


にほんブログ村

にほんブログ村