読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジアでDICE<骰子>

アジアに深く浸りたい・・・選んだ道はカジノ。マカオでダイスを転がせ!

昼間のプノンペンはこんなところ【セントラルマーケット編:カンボジア】

セントラルマーケットの昼時

ストリート136から行く

プノンペンナイトライフ画像

「ポイペト」じゃあ夕方からの一夜限りの一発勝負で次なる地へ急ぐことしか考えてなかったわたくし飛葉だが、

ここプノンペンでは3日間の時間がある。なのに資金がプアなのでもう「ナーガカジノ」に行くこともないだろう。

片道2ドルのバイタク乗ってただで飲めるビール片手に人の勝負を見ててもしょうがないしな。

 

プノンペンリバーサイド画像

 

となれば歩くしかない。

そこでストリート136をひたすら中心部に向かい「セントラルマーケット」を目指した。

SPONSOR LINK

 

 

灼熱の「セントラルマーケット」到着


2017セントラルマーケット(プノンペン)S4「食」と「文化」が満載

まっすぐ歩いてきたらなんとなく着いたセントラルマーケット。ストリートナンバーで区分けされてるので案外歩くにも迷うことはない。

そこがいいぞプノンペン!

とは言え暑ぃぞー

 

あれか?

プノンペンのセントラルマーケット画像

 

「広場にやってきたサーカス小屋か火星にポツンと佇むステーションか!?」

まさにセントラルな存在だ。

 

強力な吸引力でプノンペン市民を吸い込む

このアナログなアジアの市場をSFちっくに見てしまうのは「火星旅行」のニュースを見た後だろうか?

感化されやすいわたしならではだ。

だが歩いてみればそこは人の温もりが感じられる空間、いやもっとホットなとこだ。

プノンペンで買い物画像

プノンペンのセントラルマーケット画像

 

カンボジアの焼きそばを食べる

名前は知らない。 タイならパッタイと呼ぶ代物だ。「見た目」「味」とも似てて恐る恐る一口食べた感想は、

 

カンボジアの焼きそば画像

「なんだ美味いじゃないか!」

 

負けたら大人しく顔を隠せ

勝負に負けたら途端に暇ができた。暑さを避けるためこのニコライ堂に入りショッピング客を装って時間を潰すか?

 

プノンペンで買い物画像

入ってすぐに綺麗な女が店番するサングラス屋を見つける。

「そうだな、サングラスでもかけるかな? この日差しはわたしには眩し過ぎる」

 

「手にとってるのは安い6ドルのものよ。こっちの15ドルの方がお似合いですよミスター」

この15ドルの代物は掛けても店のサンプルの写真がはっきり見える!

だが、6ドルの安物だと見えない。これは何かのトリックなのか?

 

 

確かに質感もいい・・・けど15ドル・・

SPONSOR LINK