読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジアでDICE<骰子>

アジアに深く浸りたい・・・選んだ道はカジノ。マカオでダイスを転がせ!

明け方最後の「バカラ」に挑む-『ポイペト』

ゴールデンクラウン ポイペト

ポイペトの夜~朝 2016年 ⑥ 最終章

ゴールデンクラウンホテル再び

さすがに疲労が出て来た。朝の4時頃だろうか。「もう十分遊んだんじゃないかぃ?」タイ人ギャンブラーおばさんもわたしのアテンドに疲労を覚えたようだ。

f:id:Skyfall:20170301221954j:plain

 

けど次いつポイペトに来れるか分からない。タイなら3ヶ月毎に来てるんだがカンボジアとなるとどうだろう。

 

「最後にバカラをやりたい」悔いが残らないようチップと体力がまだあるうちは勝負だ。

http://www.crownresort.com/index.html 

ads by google

 

最後のバカラ「オープンッ!」

またタイ人ギャンブラーおばさんが台を開けさせた。それはわたしがどの台も気に入らなかったから。出目がバンカープレイヤーとばらばらで読めないといったため。

 

「オープンッ」。1台バカラ台を見つけ開けさせる。新人ディーラーはキョトンとしてるがおばさんは容赦がない。まるで新人教育してるようでもある。またチラと横のベテラン嬢を見やりOKを貰ってオープン。

 

すかさず「ローリンッ、ローリンッ」 カートが来て5000バーツのチップ購入、100バーツ紙幣のバック。

おばさんの手際はいい。さすがカジノに入り浸ってるだけはある。貫禄だ。

ちなみに金出してるのは全てわたしである。おばさんは指南してるだけ。

 

朦朧としてきた。

 

それでも着々とキャッシュチップを溜めていく。途中ドレッドヘアのレゲェみたいな若い男のディーラーに交代。

眠いぞ。

それでも目を見開いて打つ。

結局手元には10,000バーツのキャッシュチップが残った。カードが切れたところで終了。

 

換金してゴールデンを後にする

 

スターベガスで4000バーツ?チケット購入してて朝飯クーポンを貰ったのでそれで朝食。タイ人ギャンブラーおばさんは帰って寝るといい、再度電話番号をもらい再開を約束する。

 

賭け人って雰囲気の人だった。

 

f:id:Skyfall:20170301222230j:plain

 ポイペトに静粛と澄んだ空気が訪れるわずかな時間帯だ・・

 

おばさんへの気持ちチップを入れれば15,700バーツほど残った。

 

700バーツの勝ちか。けど感謝も込めてもっとチップはずんでも良かったかな。

 

ポイペトの夜が明ける・・

ads by google

 


にほんブログ村

にほんブログ村