読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジアでDICE<骰子>

アジアに深く浸りたい・・・選んだ道はカジノ。マカオでダイスを転がせ!

【2017年】プノンペン物価表 何ドル$あれば楽しめるか

プノンペン

カンボジア予算画像

プノンペンで過ごす予算2017(カジノ無し)

この予算というのを提起するのは実は難しい。

それは旅行スタイルに起因し<ピンからキリまで>千差万別だからである。

 

◯ バックパッカーなのであらゆるものはチープでいい

◯ ホテルは3星以上でなければ無理だ

◯ ビザランでやってきたので金はあまり使いたくない

 そこで『プノンペン町の物価表』をあくまでわたくし飛葉が目にし体験した限りではあるが述べようと思う。

SPONSOR LINK

 

 

まずは米ドルとカンボジアリエルと日本円の早見表

(わたくしが両替時は/117円)

1ドル=4,000リエル=117円

 

 プノンペンの市内では米ドルでの支払いが基本となろう。

ただしマーケットや市内のローカル店に行けばまずリエルで請求が来ることになる。

もちろん米ドル支払いも可だが、相手も暗算してドルに直したりするので、

自身もドル=リエルがパッと出てくると便利だし支払いや釣りを間違えることもない。

そこで以下を覚えておくと便利だ

6,000リエル=1.5ドル(175.5円)

 (※ ついでに2ドルで払ったら釣りは何リエルかも)

 

プノンペン市内の一般消費

プノンペンの床屋画像

床屋でシャンプー      6,000リエル

クリーニング(洗濯屋)

アイスコーヒー(スタバ系) 2.5ドル

トゥクトゥク        5$~7$(距離によるが片道25分を往復で7$だったりもした)

空港でのSIMカード     3ドル

マッサージ(リバーサイドで60分)7ドル(10ドルで払ったら釣りはどうなる?)

 

マーケット内での飲食・ショッピング

プノンペンの食事画像

屋台系焼きそば       6,000リエル

サングラス         10ドル

近所のスタバ系アイスコーヒー2.9ドル(釣りは何リエルか?)

あえて米ドルとリエル混在で書いてみた。どうだろうか?

SPONSOR LINK 

 

 

夜のバーでの飲み代

ハイネケン         1ドル(ハッピーアワーは0.5ドルだったかな?)

 

空港発

タクシー代(普通乗用車):リバーサイド付近 まで 15ドル(12ドル)

 

 

如何かな? ドル=リエルがぱっぱと出て来ただろうか?

町中での買い物はそう高額ではないので<日本円>に換算するのはひとまず置いておいてもいいだろう。

だがドルで払っても返ってくるそのリエル、その額でいいのかは大事だ。 

いくらリエルなんかとはいえ、カンボジアに居る以上はコンビニや

マーケットでは大事になってくる。

 

レジの横には<ドル=リエル>の表記がありどちらでも支払可だ

リエルを侮ってはダメだ 

SPONSOR LINK 

 

プノンペン・リバーサイドの「食事」と「ビール」と「女」【カンボジア】

プノンペン

リバーサイドのナイトライフは

プノンペン夜遊び画像

「金」がない!とは言いつつもしっかりナイトライフの金を確保してるところが、一筋縄ではいかないわたくし飛場である。

やはりカンボジアなぞは「いかにチープに遊ぶか?」また遊べる街であるはず。

ならば無茶な一勝負100ドルなんかしないで、飯でも食ってゆっくりまったり飲むのがいいだろう。

 

ということでここはリバーサイド一択だ。

SPONSOR LINK

 

 

リバーサイドのレストランで食事

リバーサイドのレストラン画像

チープと述べたがプノンペン価格では決してチープではないだろう、ここリバーサイドは。

ただし、

フィレステーキ200g 7.5ドル(約878円)

ハンバーガー3.75ドル(約439円)

ココナッツジュース1.75ドル(約205円)

 

プノンペンのステーキ画像

プノンペンのハンバーガー画像

これなら良しとすべきではないだろうか。日本価格から見れば高くはないはずだ。

 

ストリート136(ST136)のBARで昼から飲む

屋内の店が多かったここストリート136のバーであったが、テラス席もあり好きな方をチョイスして客は各々カンボジア乗りで好き好きにやってたな。

プノンペン夜遊び画像

プノンペン夜遊び画像

パタヤのバービアよろしく昼過ぎには飲めたりして思わず膝を叩いてしまった。 

SPONSOR LINK 

 

 

カジノで働いてたバーのレディ

タイならバービア嬢とかいうとこだがプノンペンではなんと呼ぶか?

取り敢えず「バーレディ」とでもさせてもらうか。(もしいい呼び名があれば) 

プノンペンのバー画像

そんなあるストリートのBARに入って女の子を二人ほど付けた。

(一人は勝手に来たんだが・・)

そこでナーガカジノの話を出したら、「あ、この子前はカジノで働いてたんだよ」と相方が言い出した。

なるほど、カンボジアだと以前カジノで働いてたってパターンが出てくるわけだと気づかされる。

 

「こういう子を捕まえておけばカジノ行っても融通効くかもしれんな」まぁチップが出てくることはないとは思うけど・・

 

リバーサイドは「プノンペンナイトライフ」の入口でもある

SPONSOR LINK 

 

tokyosaikoro.hatenablog.jp

tokyosaikoro.hatenablog.jp